「低価格」豊かな高音域に加えて低音をダイレクトに伝達する SONY MDR-ZX750

MDR-ZX750_spZXシリーズに新たな新作が登場。

ZXは最高ZX1000が出ているが、本機はZX700の後継機にあたる。

すでに量販店などで先行装着が可能となっている。

SONYにとってと名のつく商品は最高かつ自信のあるものに付けられる型番である。

 

スポンサードリンク

<仕様>
・型式:密閉ダイナミック型
・ドライバーユニット:40mm ドーム(CCAW)
・感度:104dB/mW
・再生周波数帯域:5-25,000Hz
・インピーダンス:40Ω*1
・最大入力:1000mW*2
・コード長:約1.2m
・コードタイプ:片だし
・入力プラグ:金メッキ L型 ステレオミニプラグ
・質量:約205g*3
*1 1kHzにて

ZXシリーズの殆どが生産終了し、現存しているZX-700が鉄板すぎるほどの高機能なヘッドホンだった。

スポンサードリンク

以降の新作は何年も出てこなかった。

それがMDR-ZX750がついに登場。少し値が上がるがワイヤレスタイプのMDR-ZX750BNも発売する。

耳の形状に合わせたオーバル型イヤーパッドが装着性を向上されているので耳が疲れない。

ハウジング上に設けたポート(通気孔)により、低域における通気抵抗をコントロール。振動板の動作を最適化したことによりリズムを正確に再現。

シリーズ的に中高音域はやはりはっきりしているが、低音がそこまで強くはない。

ボーカルのクリアな声がはっきり聞こえるので音感は良好。ギター、ドラムあたりの低音はイラコライザを少しいじってあげると個人的に好みの音になる。

 

ソニー ヘッドホン(レッド) MDR-ZX750 R 1.2mコード

ワイヤレスタイプならば↓↓↓

ソニー ワイヤレス ノイズキャンセリング ステレオヘッドホン(ブラック) MDR-ZX750BN B 1.5mコード

ぎょにく

趣味にて音響、映像関係に携わっている為、機器について勉強中。 最近はロードバイクやクロスバイクを始めました。 ぎょにくニュースはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 最後まで読んでいただきありがとうございました! ライフハック/ブログ論/スマホ/ヘッドホンなどをテーマにブログを書いています。

You may also like...

コメントを残す