第4回 独自ドメインの取得とWP紐付け

アドレス名となる
独自ドメインを取得していきます。

ドメインは,わかりやすさを第一に。

記憶に残りやすく,
うち間違いをしづらい文字列がよい。

英語の難しいスペルは避けよう。

スポンサードリンク

ドメインはあとから変更出来ない

ドメインはサイトの
名刺かわりといってもいいでしょう。

  • 特に会社のHPということであれば、
    なおさらキーワードよりも
    会社名やサイト名を重要視
  • ドメイン名は、
    「長すぎず, わかりやすく,
    ブランディングを意識して」
    というのが基本

基本は英語表記ではあるのですが、
アフィリエイターさんは
日本語ドメインを使っている人が多い。

短期間に上位表示するには、
日本語ドメインでサイトを作り、
中古ドメインなどからリンクを当てると良いです。

ドメイン選びは慎重に

よく「.jp」や「.com」など見かけませんか?

実はこれに意味があり、選びには重要になります。

.jpが国コードトップレベルドメイン(ccTLD: country code TLD)

.comなどが分野別トップレベルドメイン(gTLD: generic TLD)に分けられます。

https://www.nic.ad.jp/ja/dom/types.html

ドメインタイプ表

.jpは日本に割り当てられている
ドメインになっていて、「日本人向けのサイトです」
っていう表示になるのです。

誤って他の国のドメインを
取ってしまうと大変なことになります。
.jpは値段が結構するので使う人は少ないです。

なので、
分野別に分けられたドメインを使用します。

「.info」は、
よくスパムメールとして扱われる
事が
多いこともあって、
あまり良いイメージがありません。
.jpドメインは,
世界的にも信用や安心感がある。

なので,公的なドメインに
もっとも向いていると言える。

逆に信頼がないのは,.biz.info といったTLDだ。

スポンサードリンク

これらはスパムメールのために
利用されることが多い。

けっして .biz や .info が
SEO的に不利なわけではない。
しかし,印象が悪い,
という要素は否定できない。

そもそも、検索上位の影響をきたす重要点は、
webサイトの「質」

それでは独自ドメインを取得する

ドメインを発行出来るサイトはいくつかあります。
いろいろあるのですが、
ここがオススメです

そして注意すべきは更新料がいくらか。
http://www.value-domain.com/domlist_all.php

バリュードメイン

①まず右上の赤いユーザー登録を押して、
登録をする。

②左から2番目のドメイン登録をおして、
好きなドメインを入力して取得。

一応わからなければユーザーガイドがあるので
それをみながら行うと非常にわかりやすい。

取得してからが本番

レンタルサーバーと
ドメインをひも付け

バリュードメインの管理画面にいき、
メニューをおすと
「取得済みドメイン一覧」をクリックします。

その後、ドメインの右の黄色くなっている
「NS」をクリックします。

ネームサーバー変更画面が出るので、
それぞれに上記のとおり入力します。

ns1.xserver.jp

これでバリュードメイン側の設定は終了です。

WPエックスサーバー側管理画面で
「ドメイン追加設定」の項目があるので
追加すれば終わりです。

 

後は、レンタルサーバー左上にある
ワードプレス新規インストールをおし、
必要事項を入力すれば完成。

WPでは、初期パスワードは指定できないので、

必ずメモをしよう!!変更は可能

 

次回はサイトの枠、テンプレートについてです。

ぎょにく

趣味にて音響、映像関係に携わっている為、機器について勉強中。 最近はロードバイクやクロスバイクを始めました。 ぎょにくニュースはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 最後まで読んでいただきありがとうございました! ライフハック/ブログ論/スマホ/ヘッドホンなどをテーマにブログを書いています。

You may also like...

コメントを残す