SIMフリーiPhone6こっそり値上げ。円安の影響か?

Simロックフリー版のiPhone6が公式サイトで以前の価格より8000円から1万ほどの値上げがされた。

このほかSIMフリー版iPhone 5sの価格も、16Gバイトモデルが6万4800円、32Gバイトモデルが7万800円と7000~8000円値上げしている。

スポンサードリンク

iPhone 6の16Gバイトモデルが7万5800円(税別、以下同)、64Gバイトモデルが8万7800円、128Gバイトモデルが9万9800円。従来から8000円~1万円の値上げとなった。

またiPhone 6 Plusの価格も、16Gバイトモデルが8万7800円、64Gバイトモデルが9万9800円、128Gバイトモデルが11万1800円と、こちらも8000円から1万2000円値上げした。

スポンサードリンク

価格は11月14日に変更となったが、KDDIやドコモ、ソフトバンクのiPhone価格はそのまま継続となっている。

今回の値上げにより、iPhone6Plus 1台でiPadが2台買える計算になる。1ドル115円換算するとここまで値上げがされる。9月のiPhone 6/iPhone 6 Plusの発売時点(1ドル=107円台)と比べても8%ほど上昇、9月以前を比較対象とすれば10%以上の円安となっている。

為替レートだけで判断すれば、値上げもやむをえないレベルの変動幅といえる。他のメーカーや携帯以外の企業は軒並み厳しくなっていることだろう。

アップル製品の米国外での販売価格は、日々刻々と変動するわけではなく、レートが安くなればiPhoneも値下げされるかというとそうではない。

一度値上げされればよほどのことがない限りは、利益のために値下げは行わないだろう。

ぎょにく

趣味にて音響、映像関係に携わっている為、機器について勉強中。 最近はロードバイクやクロスバイクを始めました。 ぎょにくニュースはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 最後まで読んでいただきありがとうございました! ライフハック/ブログ論/スマホ/ヘッドホンなどをテーマにブログを書いています。

You may also like...

コメントを残す